はじめての方へ | 新規会員登録 | 会員特典 | お問合わせ
  • 貞蓍扶正顆粒

    貞蓍扶正顆粒のご使用前にお読みください 

     「貞蓍扶正顆粒」は中国工程院の孫燕教授により研究開発されました。人体の免疫力を強化し、骨髄や腎上腺(じんじょうせん)を保護し、各種疾病によって引き起こされる虚損にも用いられ、手術や放射線・化学療法と併せて用いることで人体の正常機能の回復を促進します。
     「貞蓍扶正顆粒」は"扶正培本"、"扶正祛邪"、"正気存内”,“邪不可干"、"邪気所凑,其気必虚"、"虚者補之"等の中医薬理論に基づき、”益気滋陰補腎”等の典型的な中医薬の組み合わせによって開発されました。既に臨床時に用いられ、免疫機能増強剤として有効である事が証明されています。更に人体の免疫力向上させ、骨髄や腎上腺(じんじょうせん)及び肝臓を保護します。各種疾病によって引き起こされる虚損や、久病(肝硬化、慢性萎縮性胃炎、糖尿病、結核病など)、手術後及び産後の回復に対して有効です。ガンや化学治療期間中の補助治療薬として人体の正常機能の回復を促進させる長期的な効果がある事が分かっています。「貞蓍扶正顆粒」は科学技術によって純天然のハーブエキスを抽出し精巧に作り上げられ、高い安全性を誇ります。

    【薬品分類】漢方薬/腫瘍用補助薬品

    【効能】
    人体の免疫力を強化し、骨髄や腎上腺(じんじょうせん)を保護し、各種疾病によって引き起こされる虚損にも用いられ、手術や放射線・化学療法と併せて用いることで人体の正常機能の回復を促進します。

    【適応症状】
    各種疾病によって引き起こされる虚損に。手術や放射線・化学療法と併せて用いることで人体の正常機能の回復を促進します。

    【主要成分】黃芪(おうし)、女貞子(じょていし)

    【使用期間】短期治療:一ヶ月 長期治療:二ヶ月

    【副作用】なし

    【製造会社】通化神源薬業有限公司

  • 安康欣カプセル

    安康欣カプセルのご使用前にお読みください

     肿瘤は人体の三大疾患である正虚邪実(※1)、気滞血瘀(※2)、毒熱内結(※3)と関係があります。安康欣カプセルはこの三大癌因子に対抗し、癌症状や癌腫瘍形成を抑えこみ、癌治療に突出した治療効果を発揮する専門漢方薬です。
    ※1 漢方用語。正気の虚弱、邪気の過盛を指す言葉。
    ※2 漢方用語。気の流れが滞っているため血流も滞ること
    ※3 漢方用語。急性で全身性の熱病を引き起こす病邪(熱毒)が体内に溜まること

     安康欣カプセルは主に“扶正、祛邪、増効、昇白”の功能があります。特に活血化瘀(鎮痛と低酸素耐性)の作用は現在の中医学抗癌総合治療の中で確かな治療効果を期待できる第一選択薬(ファーストライン)です。肺癌・胃癌・肝臓癌・腸癌・食道癌・乳癌・脳癌・鼻咽頭癌・膀胱癌など、多種多様な癌治療薬として突出した漢方薬です。

    1. 扶正(身体の免疫力増強)
    (1) 安康欣カプセルは抗体(AB)とリンパ細胞の生成を促進し、体液と細胞免疫を増強します。
    (2) 安康欣カプセルは非特異性免疫機能を増加し、例えば白血球数(WBC)やマクロファージの貪食作用を促進します。
    (3) 安康欣カプセルはバイオフィルム(生物膜)の流動性を顕著に増加させ、過酸化脂質(LPO)蓄積を減少させ、スーパーオキサイド・ディスムターゼ(SOD)の活性化を促進します。具体的には抗フリーラジカル作用を持ち、老化や損傷を予防するのに有効です。

    2. 祛邪(広域スペクトル抗腫瘍。鼻咽頭癌や脳腫瘍など多種の癌治療に効果を発揮)
    安康欣カプセルは胚性腫瘍(EC)、ルイス肺癌、B16メラノーマ細胞の抑制する顕著な作用があり、抑制率は60%以上にも上ります。インビトロ検査を通して人体癌細胞の成長に対しても大きな抑制効果があることが分かりました。肝細胞(H22)の延命率も60%にまで達し、ネズミ白血病(L1210)に対しても33.8%以上の抑制結果が報告されています。

    3. 減毒昇白(増効減毒)
     安康欣カプセルと化学治療薬を併用することで、化学治療の薬効作用を増強(P<0.01)させると同時に、化学治療薬の用量も減らす事ができます。

    ■昇白〜抗放射線作用があり放射線・化学治療を順調に進める助けをします。
    安康欣カプセルは化学治療により引き起こされる白血球数(WBC)減少に対して一定の保護作用があります。特にX線治療による白血球数(WBC)減少に対して有効であり、抗放射線作用があります。


    【功能】
    活血化瘀(※1)、軟堅散結(※2)、清熱解毒(※3)、扶正固本(※4)の作用があります。主に肺癌、胃癌、肝臓癌の補助治療として用いられます。
    ※1 漢方用語。血をさらさらにして、流れをよくすること
    ※2 漢方用語。腫瘍の塊を軟化させて消散させること
    ※3 漢方用語。熱毒の邪、発赤・腫脹・化膿・高熱を治すこと
    ※4 漢方用語。バランスを正し、脾腎を培補して人体に内在する抵抗力を強めること

    【主要成分】
    黃芪(おうし)、高麗人参、丹参(たんじん)、靈芝(れいし)、山豆根(さんずこん)、若葉、補骨脂(ほこつし)、鶏血藤(けいけっとう)、半枝蓮(はんしれん)、淫羊霍(いんようかく)、夏枯草(かごそう)、魚腥草(ぎょせいそう)、枸杞子(くこし)、タンポポ等20種類以上の漢方ハーブ素材から成っています。

  • 風湿寒痛片

    風湿寒痛片のご使用前にお読みください 

    【性状】
    糖衣錠です。中は褐色の粉末が入っています。微かに苦い味がします。

    【適用症状】
    祛風散寒(※1)、除湿活絡(※2)、滋補肝腎(※3)の作用があります。具体的には体内の循環環境を改善したり、関節の腫れや痛み、四肢の痺れ、足腰の痛みや脱力感に対して有効です。

    ※1  中医学で風邪の原因にあたる「邪」を体表から発散させること
    ※2  「経絡」の流れを活発にし、体内の余分な水分を排出させること
    ※3 漢方用語、「肝」と「腎」の冷やす力(陰)を補充し、機能を高めること

    【主要成分】
    青風藤、牛膝(ごしつ)、茯苓 (ぶくりょう)、薏米(よくまい)、枸杞子(くこし)、当帰(とうき)、赤芍(せきしゃく)、木香、延胡索(えんごさく)、羌活(きょうかつ)、ウド、秦艽(じんぎょう)、桂枝(けいし)、桑寄生(そうきせい)、威霊仙(いれいせん)、黄芪(おうし)、附子(ぶし)、鹿茸(ろくじょう)、党参(とうじん)、白朮(びゃくじゅつ)、黄芩(おうごん)等。その他補助添加物(エタノール、スクロース、ステアリン酸マグネシウム、デキストリン、桃胶、滑石粉、虫白腊、食用着色剤等)

  • 白癜風丸

    【商品名】白癜風丸

    【商品紹介】
     白癜風丸は白斑を治療する一種の漢方薬であり、益気行滞(※1)、活血解毒(※2)、利湿消班(※3)、駆風止痒(※4)の功能があります。主に白斑の治療薬であり、痛みや痒みは無くとも皮膚の色素が抜け白い斑点状に変化する皮膚病(顔から顎、手足へ、酷い場合は全身に見られるようになる)に用いられます。病状が進行すると斑点が赤く変わり、患部の体毛も白く変化し、ある部分は褐色の斑点も表われるようになります。
    ※1 漢方用語。気を高め、滞りをなくすこと
    ※2 漢方用語。血流を改善し体内の毒素を除去すること
    ※3 漢方用語。体内の余分な水分を排出させシミを消すこと
    ※4 漢方用語。胃腸内の溜まったガスを排出し痒みを止めること

    【功能】益気行滞(※1)、活血解毒(※2)、利湿消班(※3)、駆風止痒(※4)

    【主要成分】
    補骨脂(ほこつし)、黃芪(おうし)、紅花、川芎(せんきゅう)、当帰(とうき)、香附(こうぶ)、桃仁(とうにん)、丹参(たんじん)、烏梢蛇(うしょうだ)、紫草、白鮮皮(はくせんぴ)、山芋、干姜(かんきょう)、竜胆(りんどう)、蒺藜(しつり)

  • 振源カプセル

    振源カプセルのご使用前にお読みください 

     振源カプセルは、高麗人参果実から抽出されたサポニンにより作られたカプセル剤です。中医学で言うところの” 益気通脈””寧心安神””生津止渴”といった効果があります。具体的には胸の痺れ、動悸、息切れ、不眠症、消渴(※1)、气虚(※2)に対して有効です。中国国家医保薬品で認可を受け中医薬保護品種の1つでもあり、中国全土におけるオリジナル製品です。
    ※1 中医学用語。喉が渇いて、しきりに水を飲んでも尿の出の少ない状態
    ※2 中医学で人体の基盤を成す「気」が不足している状態を指す

    【効能】
    滋補強壮、安神益智(※3)、喉の渇きを止め、免疫力を増強させる効能があります。体内の分泌系統や神経の乱れを調節し、心筋の収縮力を強化し心臓の働きを改善し肝臓を守り抗癌作用を高めます。主に、胸の痺れ、動悸、息切れ、不眠症、冠状眽疾患、更年期症候群、虚弱体質、神経衰弱、健忘症、イライラ、不整脈、U型糖尿病、慢性肝炎やガンの補助治療などに用いられます。
    ※3 中医学用語。大脳の働きと精神を安定させること

  • 仲景香砂養胃丸

    仲景香砂養胃丸のご使用前に

    仲景香砂養胃丸の特徴

     仲景香砂養胃丸は黒色の水丸で、特殊な匂いがややあり、味が辛・微苦です。

    仲景香砂養胃丸の効能・効果

     調中(脾と胃を調節すること)、和胃(胃気不和を治療すること)の作用があり、胃弱を元気にし、食欲を増進させる効果があります。

    仲景香砂養胃丸の適応症

     胃弱、胃腸虚弱、慢性胃腸炎、胃腸の機能が低下、食欲不振、膨満感、酸水を吐くもの等の治療に用います。

    仲景香砂養胃丸の成分

    白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、木香(モッコウ)、広藿香(コウカッコウ) 、縮砂(シュクシャ)、厚朴(コウボク)、甘草(カンゾウ)、陳皮(チンピ)、香附子(コウブシ)、白豆蒄(ビャクズク)、半夏(ハンカ)、枳実(キジツ)。
    輔料:大棗(タイソウ)、乾生姜(ショウキョウ)

+ ご利用規約 + 会社概要 + 相互リンク + お支払い方法 + 代理募集 + よくある質問 + 漢方薬関連情報 +
漢方ショップ   Copyright ©2013-2020  www.kanpoushop.net