はじめての方へ | 新規会員登録 | 会員特典 | お問合わせ
  • 免疫細胞について
  • 全細胞の内、毎日3000億個以上の細胞が死に、同じ数だけ新しい細胞が生まれています。免疫細胞も1日に100億個が入れ替わっています。
  • [記事全文]
  • 免疫細胞の種類と役割
  • 体内に侵入してきた異物を発見すると直ちに急行し、自分の中に細菌でもウイルスでもホコリで次々と取り込んで(貪食)処理しようとします
  • [記事全文]
  • カイジ顆粒

    【製品名称】槐耳顆粒、カイジ散剤(顆粒剤)

    【性状】
    槐耳(カイジ)顆粒は黄褐色またはブラウンカラーの顆粒です。生臭く甘くてほろ苦い味がします。

    【効能】
    扶正固本(※1)、活血消癥(※2)の効能があります。主に免疫力や抵抗力の源とされる「正気(パワー)」が弱っていたり、瘀血(おけつ)が阻滞気味の方にお勧めです。また原発性肝癌の化学治療の補助薬として用いられます。更に肝臓部分の痛みやお腹の張りや倦怠感を改善する作用もあります。標準的な化学薬品による抗癌治療の基礎に基づき、肺・胃腸・乳腺癌によりもたらされる神経疲労、語気の無気力感、腹痛、お腹の膨張感、吐き気、食欲不振、硬便、軟便、息苦しさ、咳、血色不良、胸の痛み、血痰、胸のむかつき等に用いられます。
    ※1 漢方用語。気の根元である腎の納気を強化し抵抗力を強化する
    ※2 漢方用語。血流を改善し腹腔内の循環障害によって生じた腫瘤を消退させる

    【主要成分】
    槐耳(カイジ)菌

  • 参蓍十一味顆粒

    参蓍十一味顆粒

    【製品特徴】
    ・「参蓍十一味顆粒」は中国国薬準字号を取得した治療薬であり、2004年国家基本医療保険および工傷保険のカタログ薬品でもある伝統的な中国医薬品です。
    ・「参蓍十一味顆粒」は補気養血(※1)、健脾益腎(※2)、填精生髄(※3)、免疫力の増強等の効能があります。白血球、赤血球、血小板の減少、貧血などの症状に有効です。免疫力低下、倦怠感、気血両虚(※4)、食欲不振、衰弱、疲労、性機能減衰に至るまで総合的な症状に効果があることが臨床結果により実証されています。これは理想的な化学療法です。同時にガン細胞の成長を抑制し、放射線治療による副作用を克服し、骨髄を保護し、血液生成を促進する効能もあります。更に本製品は高麗人参を主要成分の一つとし免疫力を向上させるため、慢性的な虚弱体質の方も安心して利用して頂ける免疫増強剤です。
    ・「参蓍十一味顆粒」は、純天然の貴重な漢方素材である高麗人参、黃蓍(おうし)、当帰(とうき)、サジオモダカ、カッシア、細辛(さいしん)、熟地黄(じおう)、鹿角 (ろっかく)、ネナシカズラ、枸杞子(くこし)、天麻(てんま)等を厳選しています。更に厳格な品質基準の元で、現代化学の抽出技術を駆使し作り上げられましたので、効果は保証済みです。本製品は北京中日友好医院、解放軍307医院、白求恩医科大学第一・第三臨床医院、吉林市血液病研究所、吉林市第二医院等、全国多数の権威ある医院及びガン患者の治療経験を通して、ガン症状及び化学療法によって引き起こされる白血球の減少症に対し、97.7%の有効な治療報告が得られました(内良好な治療報告は90.4%)。また「参蓍十一味顆粒」は免疫能力を高める事により、抗癌作用を増強させる目的もあります。
    ※1 中医学で人体の基盤とされる「気」と血を補う事
    ※2 腎機能を高める事
    ※3 体や脳の基本物質である精を補充すること
    ※4 中医学で人体の基盤とされる「気(陽)」と「血(陰)」の両方が不足すること。(一般的には体弱な人を指します。)

    【参蓍十一味顆粒の4大効能】
    1補気養血(※1)、健脾益腎(※2)、填精生髄(※3)。気血両虚(※4)により引き起こされる眩暈、倦怠・脱力感、吐き気などの治療
    2血液生成機能の回復
    3白血球の生成促進及び白血球、赤血球、血小板減少症の治療
    4免疫力増強

    【適用症状】
    ガン症状及び化学療法によっておきる白血球・赤血球・血小板の減少症、眩暈、倦怠感、痩身、吐き気、貧血等の症状に。腎・脾機能及び免疫力低下の治療、ガン細胞転移の抑止など。

    【成分】
    高麗人参、黃蓍(おうし)、当帰(とうき)、サジオモダカ、カッシア、細辛(さいしん)、熟地黄(じおう)、鹿角 (ろっかく)、ネナシカズラ、枸杞子(くこし)、天麻(てんま)

  • 銀屑顆粒(無糖型)

    【商品名】銀屑顆粒(無糖型)

    【商品紹介】
     銀屑顆粒は中国銀屑病(乾癬)の治療ガイドラインに入っています。その中に含まれる成分である菝葜(さるとりいばら)は中医薬専門家も認可している乾癬治療用の漢方素材です。銀屑顆粒の治療効果はとても早く(最短7日)、2ヶ月もあれば基本的に症状は改善されるでしょう。服用を止めてもリバウンドは無く、治療効果は顕著に現れます。副作用もなく無糖・加糖の2種類を用意しており、とても服用しやすく、服薬コンプライアンスが高い(服薬規定にしっかり従っているという意味)等の多くのメリットがあり、乾癬症治療の理想的な薬剤と言えるでしょう。

    【性状】本品は赤褐色の顆粒タイプです。甘くて微かに苦味があります。

    【功能】
    祛風解毒(※)の作用があります。主に銀屑病(乾癬)の治療に用いられます。
    ※漢方用語。風邪(ふうじゃ)を除き、体内の毒を排出すること

    【主要成分】土茯苓 (どぶくりょう)、菝葜(さるとりいばら)

  • アガリクス茸(50g入り)

    科名・属名:はらたけ科 担子菌類
    学名:Agaricus blazei murill(アガリクス ブライゼ ミュリイル )
    和名:ひめまつたけ、姫松茸、かわりはらたけ
    生薬名:巴西蘑磨i中国語名)
    英名 :Agaricus(アガリクス)、Sun mushroom(サンマッシュルーム)
    産地・分布:ブラジル原産、中国、日本で栽培。
    部位・形状:アガリクスの子実体〔茸〕、半割れ乾燥。
    採取・製法:アガリクスの子実体を採取後半分にして乾燥
    味覚:アガリクスは長く煮出すと濁って黒くなり、クセのある美味しくない味になる。
    香り:アガリクスはしいたけのような香り。
    成分:βーグルカン、ミネラル、タンパク複合体、リノール酸、各種ビタミン

     日本薬理学会、日本癌学会総会、日本農芸化学会、糖質シンポジュウムなどの研究機関からアガリクス茸を構成している多糖体の免疫賦活作用(抗腫瘍効果)や血糖値降下作用等が報告され、注目が高まった。現在、抗生物質の大量投与とその副作用が問題になっている折、キノコなどの天然物による免疫療法は、もっと注目されて行くでしょう。

     アガリクス茸には、霊芝や椎茸にも共通して含まれるβ-D-グルカンを豊富に含み、キノコの中でも最多といわれています。

     ほかにもタンパク質・ビタミンB2・ビタミンD・マグネシウム・カリウム・リノール酸も含まれています。

  • 同仁烏鶏白鳳丸

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)のご使用前に

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の特徴

     同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)は烏骨鶏を主成分として滋養強壮効果がよく知られている薬です。特に女性の生理痛や生理不順に使われることが多く、効果も抜群であります。烏鶏白鳳丸は小腹が冷えて痛む、産後の体力回復、疲れやすい、虚弱体質にもおすすめです。

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の効能・効果

     養血(血を増やすこと)、益気(気を補充すること)、調経(月経を調節すること)、止帯(おりものを止めること)の作用があります。

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の適応症

     女性の生理不順、月経不調、生理痛、虚弱、倦怠、足腰がだるくなどに使われることが多く、その効果は絶大です。また、おりもの異常、産後回復、体質改善にも効果があります。

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の成分

    烏骨鶏(うこっけい)、当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、熟地黄(じゅくぢおう)、人参(にんじん)、黄耆(おうぎ)、山薬(さんやく)、丹参(たんじん)、鹿茸(ろくじょう)、川芎(せんきゅう)、桑螵蛸、香附(こうぶ)など19種の生薬

  • 耳聾左慈丸

    耳聾左慈丸-水蜜丸(同仁堂)のご使用前に

    耳聾左慈丸-水蜜丸(同仁堂)の特徴

     耳聾左慈丸-水蜜丸(同仁堂)は基づきに磁石(じせき)と竹葉柴胡(ちくようさいこ)を加えて造られた漢方薬です。黒褐色の水蜜丸で、味が甘・微酸です。

    耳聾左慈丸-水蜜丸(同仁堂)の効能・効果

     滋腎(腎の冷やす力(陰)を補充すること)、平肝(肝の機能亢進状態を改善すること)の作用があります。

    耳聾左慈丸-水蜜丸(同仁堂)の適応症

     補腎薬ともいわれていて、年齢と共に衰えてしまった腎機能の改善効果も期待できるような漢方薬であります。さらには、若返り効果や強壮効果も見られると思えます。

    耳聾左慈丸-水蜜丸(同仁堂)の成分

    竹葉柴胡(ちくようさいこ)、山薬(さんやく)、熟地黄(じゅくぢおう)、山茱萸(さんしゅゆ)、茯苓(ぶくりょう)、磁石(じせき)、牡丹皮(ぼたんぴ)、沢瀉(たくしゃ)

+ ご利用規約 + 会社概要 + 相互リンク + お支払い方法 + 代理募集 + よくある質問 + 漢方薬関連情報 +
漢方ショップ   Copyright ©2013-2020  www.kanpoushop.net